痛っー!!! あさい

今週の火曜日のこと。

やっとこさ、息子を散髪に連れていけました。

最近の彼は、長めの前髪続きでしたが、今回はバッサリ短くすると!

 

散髪してもらっている間、私は待合室でスマホでゲームしたり

本を読んだりと。。。

 

そしたら、美容師さんがいきなり隣にひざまずいて

「慎重に切っておりましたが、誤って息子さんの耳を切ってしまいました。

切れ味の良いハサミですので、すぱっと切れてます。

応急処置をして絆創膏を貼りましたが、本当に申し訳ございません。」

と、わなわなした感じで謝罪してくれました。

 

そりゃ痛いだろうな~って思いましたが、

すぐに思い出したのが

私が子供の頃に、母が妹の髪を切ってて

同じようによく耳も切っていたこと。

息子には悪いけど、笑えてきてしまいました。

 

散髪が終わり、戻ってきたら耳に絆創膏。

 

風呂あがりに傷を見たら、こんな感じ。

 

はい。

すぱっと切れてますね。

これは痛いはずです。

 

あ~、痛い痛い。

 

翌朝、お店の店長らしき方から、謝罪のお電話を頂きました。

ちゃんと申し送りは出来てるようです。

きっとカルテにもかかれてるんでしょうね。