NAGOYA JIN。むらわか

おはようございます。

 

 

先日のむすこのノート。

 

方言の勉強をしている模様。

名古屋に住んでいる以上、

つねに耳にするであろう名古屋弁。

 

 

わからない方もいるかもしれないので、

生まれてからずっと

名古屋弁を使い続けてきたわたくしが、

ノートに書いてある言葉を

こどもたちとの会話の中での使い方を例にして

一部解説いたします、笑

 

 

 

 

「トッキントッキン」→尖ってる

例)えんぴつ、トッキントッキンに削ったの?

 

 

「ちんちん」→熱い

例)それ、ちんちんだでね、気をつけやーよ。

 

 

「放課」→授業と授業の間にある休み時間。長い休み時間は「大放課」という。

例)あんた、大放課は何して遊んどるの?

 

 

「上ぐつ」→学校で履く白い上履き

例)はよ、上ぐつ洗わんと、乾かんよ。

 

 

とまぁ、こんな感じでしょうか?笑

まだまだ知ったいただきたい名古屋弁が

いっぱいなんですが、この辺で。

気になる方は、ネットでチェケラーしてみてください。

 

 

名古屋弁は、イントネーションや言葉が

汚く感じると聞きますが、どうでしょうか?

うん十年以上使い続けているわたしとしては、

あたり前の言葉で、よくわかりませんが。

 

キツーイ名古屋弁を話す母を持つわが子たちも、

キツーイ名古屋弁を話す大人になるのでしょう。

 

 

さて、ここまで読んで下さったみなさま。

ぜひこちらに挑戦してみてください。

名古屋弁早口言葉

 

 

キットカットかっとかんといかんのに、

アンタがかっとかんかったでいかんのだわ。

 

 

これが言えたら、

あなたも一人前の名古屋人!!笑笑