【015】愛車に乗り続ける喜びをサポートする俺パン

俺パン物語

俺の魅力がたっぷり詰まった俺をセールスする最強の販促ツール『俺のパンフレット』。

この【俺パン物語】では、心温まるサービスで「お客様の期待に期待以上で応える!」をモットーに営業されている福井県のSS「丸福産業株式会社」様で、実際に俺のパンフレットをご利用いただき、そこから生まれた事例を紹介していきます。

担当したスタッフさん

3度目の登場!気配りの達人黒川直哉さん!

お客様の状況

  • 30代女性
  • 新規ご来店
  • お車の査定でご来店

渡した背景と当日のリアクション

当店で車の査定会イベントを行った翌日のことでした。
イベントには参加できなかったけれど、車の査定額が知りたいということでご来店のお客様。

「査定額は◯◯円になります。」

正直な金額をお伝えすると、かなりびっくりされたご様子。

「こんなに安いんだ…
だったらもう少し乗り続けようかな…。」

と悩まれていましたので、さらにお話を伺うと、

「タイヤ交換が必要な時期だし、車検も近づいてきてるんです…。
今の車に不満はまったくないんですけど、故障も増えてきてるから買い替えようか迷ってるんですよねぇ…。」

とのこと。

そこで当店でも車販を行っていることを、車販用パンフレットを使ってご説明。
さらに故障が多いことに対しては、お車の現状を知っていただくため、俺パンを使ってCCS(カー・ケア・サービス)のご説明と点検をオススメしました。

お客様から

「だったら現状を教えてください。」

と言っていただけたので、すぐに点検を実施しました。
ご満足いただけるように、複数のご提案をするのが私たちのSSスタッフの仕事です。

点検の結果、お車の状態は思っていたより悪くはありませんでした
お客様にご報告するとホッとしたご様子で、

「まだもうちょっと乗れる?乗れるならタイヤも買っちゃおっかなー」

と、タイヤ見積もりをお引き受け。
愛車にまだまだ乗れるということがわかったからでしょうか、お客様の表情も心なしかやわらいでモヤモヤが吹っ切れたご様子でした。

後日の展開と具体的な成果

翌日のことでした。

「タイヤ買いたいんですけど」

とご来店。
お車の買い替えについて伺うと、

「旦那と一緒に俺パンを見て相談しました。
もう少しこの車に乗り続けることにします。」

とのこと。
まだまだ乗るんだからちゃんとメンテナンスをしとかないと!という結論になったようです。

「かなり親切だしわかりやすく説明してますね。
俺パンに書いてあったとおりでした。」

とお褒めの言葉もいただくことができました!
実際に気くばりの達人を、お客様に体感していただけたと思います。

長く乗っている愛車を手放すのは寂しいもの。
まだ乗れるということがわかってホッとしたお顔のお客様が見られてよかったです。
車販にはつながりませんでしたが、俺パンをキッカケにカーメンテでの関係性が作れたかなと感じました。

俺パンの成約貢献度

60%!

俺パンは自分を知ってもらうための「プロフィール」にもなるし、時にはサービス内容をご理解いただくための「情報誌」にもなります。
今回はコミュニケーションを通して、俺パンの内容をお客様に体感していただけたのではないでしょうか。

まとめ

黒川さんがお車をまだ手放したくないというお客様のお気持ちを察ししたからこそ、乗り続けるためのご提案ができたのは間違いありません。
そしてパンフレットの内容を体感していただき、そこからお客様との信頼関係を築いていくのは、人と人とのコミュニケーションあってこそです。
スタッフの気くばり力+俺パンがお客様との絆を作ります。

「俺のパンフレット」に関するお問い合わせはこちらまで!
SUGKIKネット:お問い合わせ