購入に至るまでのヨコイを覗いてみた【ひつまぶしんぶん】

ひつまぶしんぶん
今回のテーマはAIDMA!

wikiでは…

AIDMA(アイドマ)とは1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語である。

とあります。
出ました略語!

Apple Watch便利そう…
ヨコイ
ヨコイ

Attention(注意・認知)
面白そうなCMを見てしまったヨコイ。
そういえばまわりはみんなApple Watch!

これがあれば、ダイエットにも使えるかも…。あんな機能も…こんな機能も…
ヨコイ
ヨコイ

Interestion(興味)
Apple Watchを具体的に使うイメージができて興味が湧いてきました。
カタログやwebサイトを見てどんどん製品の魅力に惹かれていきます。

ヨコイ
ヨコイ
う〜ん…ほしいなぁ〜

Desire(欲求)
欲しい気分が高まってきてますが、まだ「買おう!」という決断までには至りません。
だって結構大きな買い物ですからねぇ…。

〜携帯の着信に気づけなかったヨコイ〜

ヨコイ
ヨコイ
そうか!Apple Watchがあれば、すぐに気づけるんだ!

Memory(記憶)
日常生活の中でも、Apple Watchがあれば…と思い出すことが増えてきました…!

ヨコイ
ヨコイ
よし買おう!

Action(行動)
とうとう購入に踏み切りました!

このヨコイの行動の頭文字
Attention
Interestion
Desire
Memory
Action

をとって「AIDMA」というのです!
販促用語は、略語やら英語が大好きですね。