壱穂

IMG_4062 2

みなさんお元気ですか!

大学もはじまり、授業に課題にてんてこまいの壱穂です~!

でもなんだかんだ言って、大学で友達に会えるのは楽しいものですね(*’ω’*)

 

さてさて今回は、46日の「大学生のガチ要望!ガソリンスタンド、こんなサービスあったらいいな①」のブログに引き続き、第2弾。

私たち大学生のドライバーが実は求めているガソリンスタンドサービスを、一挙大公開しちゃいます。

 

第一弾とあわせて、大学生の本音をのぞいてみてください!

 

※(学年/ガソリンスタンドの利用頻度)

 

 

1、給油のやりかた伝授

IMG_4080

▼回答者のコメント

「入れ方を教える、ガソリンメーターはどこまでいったら入れるべきなのか知りたい」(大学2年生/利用しない)

 

免許をとったとはいえ、実は意外と知らないのがガソリンの入れ方。

自動車学校では教えてくれないんですよね~~、なぜか。

運転はできる、右左折もできる、駐車も一応できる・・けど給油ってどうするの!?

そんなモヤモヤを抱えている大学生って、けっこういるんじゃないでしょうか。

 

ガソリンスタンドに行けばスタッフさんがやってくれるんだろうけど、何て言ってお願いすればいいのか…。

というかガソリンを入れるべき時って、メーターだとどこらへん?いやそもそも、メーターの読み方って?

それにセルフ行ったときは頼れるスタッフさんもいないし、まず何から始めれば…!?

 

悩みは尽きず、不安は尽きず。

悩める大学生にプロからの教えが欲しい、という要望でした。

わかりやす~く教えてもらえたり、虎の巻のようなものがあったりすれば、大学生にとってのガソリンスタンドに対するハードルも下がりそうですね。

 

2、暇つぶしができるサービス

IMG_4079

▼回答者のコメント

「待ち時間を楽しくしてほしい」(大学3年生/23ヶ月に1回)

 

とくにこれをしてほしい!という要望ではありませんが、とにかく楽しさが欲しい!という意見。

混んでいる時間帯や車内でおわりを待っている時間など、手持無沙汰になってしまうときに何かがほしい。

 

きっとそれは、大それたものじゃなくてもいいんですよね。

待ち時間の数分が、ちょこっと楽しくなるしかけ。

 

例えばクイズ、動画、写真、店内広告の面白さ、会話のネタになるようなもの。

ちょっとした遊び心を店内にしのばせておくだけで、待っているお客さんの印象って変わりそうですね。

そんな楽しさを提供できるツール、私たちFevers!も考えていきたいです。

 

3、環境保全活動

IMG_4021

▼回答者のコメント

1 for 10ℓ(ボルヴィックでやってたやつ)みたいな環境への取り組み」(大学3年生/半年に1回)

 

1 for 10ℓ”について詳しくは、こちらのサイトを参照ください。

期間中、対象の製品の売り上げ総量に応じて、ユニセフに寄付が行われ、外国の環境衛生に関する取り組みに資金が送られる仕組みです。

 

1 for 10ℓ”の場合は、お客さんが1ℓ購入するごとに、マリ共和国で10ℓの清潔で安全な水をつくるための寄付がされます。そしてユニセフは、その資金をアフリカのマリ共和国での水と衛生に関する活動に役立てていました。

 

ガソリンスタンドで給油するたび、地球のどこかにいる人たちの、ちょっとした助けになっている・・そんな仕組みがあったら、素敵なんじゃないでしょうか。

 

4、ガソリン価格予測の情報

IMG_4028

▼回答者のコメント

「ガソリンの値段の変化の予想グラフがほしい」(大学2年生/23ヶ月に1回)

 

たまにニュースで流れたりはしますが、意外と外ではあまり見かけない気がするガソリン価格の予測情報。

いまやネットで簡単にみられる時代ではありますが、毎回携帯をとりだして見ようとするのもけっこう大変。

 

それに大学生って、普段からガソリンをたくさん入れるわけではないぶん、サラッと予想価格を見る、というのも手間に感じたりします。

 

しかしもしも、ガソリンスタンドでこの情報が流れていれば?

給油に立ち寄ったガソリンスタンドで、今後のガソリンの情報をちらりと頭に入れて発進。

数日後、給油するか微妙なラインのとき・・あっ、そういえば今後のグラフああなってたな、じゃあ今いれておこうかな!と。

せっかくだし、これからの情報をついでに見にいこうかな、と。

そんな流れができるかもしれません。

 

5、まとめ

IMG_4054

みなさん、いかがでしたでしょうか。

第一弾、第二弾あわせて、8つの大学生の要望を紹介しました。

 

ガソリンスタンドに通いなれていない、車に何十年乗っているわけでもない、なんなら最近車に乗り始めたって人もいる。

そんな大学生だからこそ、ホシイ!!と思っているサービスは、現実的にはなかなか難しいカモ、ってことだったりもするけど、意外とちょっとしたことであったりもします。

 

大学生は、将来の社会人。

車を運転する上で欠かせないガソリンスタンドという存在が、大学生にとっても親しみやすく訪れやすいものになるよう、私たちもグリットでの活動を頑張っていきたいなと思います。

 

 

調査対象:免許取得済みの大学生男女

調査期間:201737日~2017318

調査方法:LINEFacebookTwitter

有効回答数:35サンプル