3C分析について

こんにちは😃ジョージ•パクルー二ことCS事業部杉浦です。
今回は1Canpany 2Consummer/Custamer 3Conpetiterの所謂3C分析についてお話します。
3C分析とは、企業のマーケティングなどにおいて、顧客、競合、自社の観点から市場環境を分析し、経営戦略上の課題を導く分析ツールのひとつです。代理店などが重要な業界では、チャンネルを加えて、4C分析と呼ばれることもあります。
新しく事業を始める時や、新規事業に参入しようとする場合に、3C分析をやっておくと的確な事業計画が立案出来ます。
3C分析の内容、やり方、具体例などは現在WEB上には溢れています。興味のある方は下記のサイトを参考にしてみて下さい。

よくある事ですが、自分が気に入っている事や物は他の人も同じくらい気にいるはずだと勘違いして、ビジネスを始めて失敗する例は数えきれません。3C分析を完璧にしたとしても売ろうとする商品やサービスが売れるかどうかを決めるのは消費者であってあなたではありません。マーケティング、経営分析、財務分析などビジネスにはやらなくてならないことばかりですが、まず考えるべきは、あなたの顧客はあなたに何を望んでいるかをいつも考えて行動したいですね。
最後に落ち込んでる時に私が読み返している
[ヒンズー教の教え]を書いておきます。
自分が変われば相手も変わる
心が変われば態度も変わる
態度が変われば行動も変わる
行動が変われば習慣も変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です