イラストを越えて世界を救う/あべま。

 

グリット!にあやかって大層なタイトル付けましたが、
まだまだあべまはイラストを越えてません。
どちらかちいうと、
イラストを知って、チームを救う(ちっさ)
かな。
でもヒーローみたいでカッコイイ。救いたい。

人生で初めてこんなにたくさん描いた一年。
初経験だらけで、戸惑ったり感動したり吸収したり。
ええこの歳で。

一年前、似顔絵を描いたら
おもしろーい、と喜んでくださった社長は
今では「坂本龍馬な俺描いて」とか

 

 

H新次長は、「サンジな俺描いて」とか無茶を言うのです。

だってね、顔をすげ替えたらそれもう、
違うじゃないですか。

せめて髪型が似てたら、うん、そう、まぁね。

ムリめなことも一度やってみる、っていう冒険は楽しい。

最近はお仕事で鳥瞰図を描いているので、今までは見ていたようで見ようよしなかった
街の遠景を目を見開いて観察するようになりました。
不思議です。
初めて見たような気がするんですよ。
ベタな歌詞によくある、風景が違って見える!みたいな感覚。

歌の上手さは、
喉じゃなくて耳。
絵の上手さは、
手じゃなくて目、って言うじゃないですか。
嘘です、今考えました。

でも知らないものは表現できない。
頭の中に図鑑を作るのです。

最近、世界一絵が上手い人、と言われる人物を知ったんですが
本当に凄いんです。
コンピュータが壁にプリントするみたいに一発描きで破綻のない世界を描いちゃう。

この人みたいに描けたら、本当に世界を救えそうな気がする。
頑張ります。

カテゴリー: 頑張った事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です