ミステリー回顧/あべま。

どうも、泥だんごことあべまです。

我が家では、誕生日ラッシュで
クリスマスと合わせるとケーキ4連発!
泥だんごはますます大きな泥だんごになる季節
まぁ食べなきゃいいんですけど…

閑話休題

先日、子供を連れてどだがわこどもランドに行ったら
小さな図書室に
江戸川乱歩の少年探偵団シリーズがズラッと並んでいて
テンション上がりました。

小学校一年生の頃
どハマりして、全巻読んだ思い出。
世にも不気味なのにやめられなくて、家の中で親の後ろを付いて歩きながら読んでました。

その後は、ふつうに江戸川乱歩の作品に移り
学校と図書館にあるものは全て読んでしまったので
今度は赤川次郎に移行。
ご存知でしょうか?
ライト目のミステリー作家で、とにかく作品数が多い。
沢山あったから、しばらく尽きなさそうってことで選びました。

レンタルビデオ(昭和生まれ)では
『トワイライトゾーン』が好きで
謎三昧の日々。

赤川次郎が尽きてしまったあとは、ミステリー系で著作が多そうな作家をガツガツと。
東野圭吾(初期は本格ミステリーだった)
綾辻行人(本格の職人)
有栖川有栖(昔mixiにいた!)
宮部みゆき(たまにオカルト)
笹沢左保(たまに官能)



ま、キリがないんだけど

ちなみに、失礼ながら
横溝正史とか、コナンドイルとか、
んー、ドラマ古畑任三郎とかは好みじゃありません。
やっぱり、解決編的なやつより、現在進行形の謎がいいのです。
そこは、江戸川乱歩を引きずってるのかも。

好きな作家の新作が待ちれきれず
大人になってからは
「このミステリーがすごい」から読むようになりました。
もう二度と、基本の「そし誰」には戻れないなと思ってしまうクオリティですよね。

この前、世にも奇妙な物語をテレビ放送してたけど
久しぶりに面白かった。
鈴木光司っぽくて、阿刀田高っぽくて、江戸川乱歩っぽかった!
ハズれ回あってもいいから、毎週やってくれないかなぁ。

私の読書は、もうすっかり絵本オンリーで
テレビドラマ以外のミステリーに触れなくなっていたので
懐かしい気分で舞い上がってしまったのでした。
でも、
今は知らない名作ミステリーが多過ぎそうで
怖くて手が出せません。
読み始めると朝になっちゃうし、仕事中もソワソワしてしまうにきまってます。

でも、お正月休みくらいは
ちょっと読んでみようかな?
私好みのおススメあったら、教えてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です