人は入れ替わる/あべま。

先日、ドラマを見ていたら
「人は変わらない」というセリフがありました。
よくあるや〜つ。

でも私は最近、しみじみ、しみじーみ
「人は別人になる、あぁ、人って別人になる」と思うのです。

幼い頃、尋常じゃなく可愛かった上の子は今
当たり前だけど顔も、声も、肌も、知能も、キャラも
味の好みも、趣味も、価値観も、何もかも変わりました。

私にとっては、17年育てた可愛いあの子で、
徐々に中身が成熟していってるだけでベースは「あの子」感覚なんだけど
本人は「今」の自分が本来の自分であって、昔の自我はもう上書きされて消えているようです。

「あの子」はもう現世に存在しないのかな〜と思います。

そういう私も別人。
姿も別人、性格も相当違うと思います。
若いときはもっと無鉄砲だったし、無責任だったし、調子に乗ってました。
夫も別人。知り合った頃のあの人は幻?ってくらい中身からして別人。

母も別人。
今年、父が亡くなったあと、全てが変わりました。
完璧主義で、負けず嫌いで、家事も育児も絶対に手を抜かず全力疾走だった女性なのに、手作りじゃないお菓子やお惣菜を受け入れるように。
休んだら死ぬ性格だと信じていたのに。
どうやら、父に褒めてもらいたくて頑張っていただけだったのです。
まるで盲導犬を引退してパピー家に戻ったとき、初めて気を抜く老犬みたいに。

細胞も全部入れ替わって、性質もすっかり入れ替わって
記憶だけがバトンみたいに繋いでる。
食べ物や、話した相手、見たものでどんどん変わる。
まだ私の老後はぜんぜん決まっていないんだなーって思います。

心臓と歯だけはほぼ入れ替わらないので大事にしなきゃですね。
バトンタッチする自分を作るのは今日の自分ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です