画蛇添足 がだてんそく@杉浦

画蛇添足 がだてんそく

蛇を画きて足を添う

【読み】

へびをえがきてあしをそう

【意味】

蛇を画きて足を添うとは、余計なつけ足し、なくてもよい無駄なもののたとえ

【解説】

【注釈】

『戦国策・斉』にある、以下の故事に基づく。

楚の国で蛇の絵を早く描く競争をしたときに、自分の早さを自慢した者が「足まで描けるぞ」と言ったら、別の者が「蛇には足がないはずだ」と言ったため、足を描いた男が負けてしまったという。

【出典】

『戦国策』

みなさんこんにちは😃

ジョージパクルーニこと杉浦です。

先日、奥様からこんなことを言われました。

 「あなたは蛇の絵に足を描く人なのね。」と。

初めて聞いたことだったので調べてみて、「なるほど!」流石中国の古典には詳しいんだと、今更ながら感心しました。

 画舵添足。結構やってしまいガチなことなので注意しようと思います。

日常
GRIT!をフォローする
GRIT! スタッフブログ

コメント