仕事を休んででも読んで欲しい本3選 ナカムラ

みなさんこんにちは。
活字中毒まではいかないですが、しばらく本を読んでないとイライラしはじめるくらいには本が好きなナカムラです。

それ活字中毒ですよ!

と指摘される方ちょっと待ってください!
BOOKOFFさん提供のチェックリストでもまだ3個なので、全然活字中毒じゃないです!
ただ…

ちょっとイライラするだけです。

ちょっとだけね。

さて。
前回紹介した動画はご覧いただけましたでしょうか?

え?
見てない?

見てない人。

すぐ見て!

今すぐに見て!

そんなナカムラから今日はオススメの本3冊紹介します。
こちらもまたオススメ動画同様に人によって役に立ったり立たなかったりするとは思いますが、

読んで絶対に損はしない

と断言しておきます。
それでは張り切ってどうぞ!

1冊目:嫌われる勇気

岸見 一郎・古賀 史健 (著)

読んでない人。

すぐ読んで!

今すぐ読んで!

早退していいから、

今すぐ本屋に駆け込んで!

誰しも多かれ少なかれ誰かしらから嫌われてるもんです。
ただ実際に嫌われること以上にやっかいなのは、「嫌われるかもしれないと悩み続けること」だったりします。

「嫌われてもいいんだ」と思うことには人生の視野を広げる可能性があるということを教えてくれる本です。

わざわざ嫌われるようなことをしろと言ってる本ではないって部分が重要だったりします。
他人から嫌われて良いことなんて一つもないですからねw

もし誰もから好かれる人間になりたかったら、このあとの2冊を穴が開くまで読んで実践するのが良いと思います!

2冊目:生き方

稲盛和夫 (著)

読んでない人。

すぐ読んで!

今すぐ読んで!

SFなんて後回しでいいから、

今すぐAmazonでポチって!

今webチームおーわきに貸してるんですが、なんとおーわき先生本を読むのが大の苦手
ナカムラから押し付けられた(パワハラ)課題図書の山で窒息寸前だったりするんです!

そんなおーわきがですよ?

貴重な昼休憩の時間を割いてでも読むくらいには引力のある本!

とにかく読みやすいです。
京セラ・KDDIを創られた稲盛さんが、仕事に対する熱意をご自身の実体験を元に温度のある言葉で綴っています。

「道徳の授業を受けている気分になる」

というのはおーわきの感想。
社長がたまに話してくれる、

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

という公式は稲盛さんの考え方が元で、この本の中でも紹介されています。
最近なんか腐ってきたなぁと思ってる方には是非とも読んで欲しい本です。

3冊目:人を動かす

D・カーネギー (著)

読んでない人。

まぁ普通です。

ですが管理職でコレ読んでない人がいたら、

ヤバいと思ってください。

コレ読んでない管理職のもとで働いている人がいたら、

更にヤバいと思ってください。

あったりまえの事しか書かれていません。
ですがこのあったりまえの事が出来てないから、人が動かないんです。

読んでおいて絶対に損はない良書だとナカムラは思うんですが、webチーム某メンバーからは「当たり前のことを難しく書いてるだけ」と酷評されました。
ぎゃふん。

いかがでしたでしょうか?
みなさんもオススメの本あったら教えてくださいねー!

そういや藤田さんから借りたLINE公式アカウントの本まだ1ページも読めてないわ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です