馬肉三昧 森本

おはようございます。森本です。

私は馬肉が大好きです(^o^)金山の馬肉料理専門店馬喰ろうさんが美味しかったのでご紹介致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番上の写真の白いのが、馬の脊椎です。これが白子っぽくてマジで美味い(*^^*)馬刺し盛り合わせは特にヒレが美味しかった!

ステーキはハツオススメです♡

コロナが落ち着いたらぜひぜひ〜

逆立ち男子。林ナオキ

さて。

我が家には3人のキッズがいるわけですが真ん中はアクティブ男子。

とにかく家の中でも動き回っています。

 

そんな息子は最近「逆立ち」に目覚めました。きっとジャニーズを目指しているのでしょう。

今のところ長くて2秒くらいは逆立ちできるようです。

何事も実践あるのみ。実践さえすれば、自ずとできるように…なっている。まぁ自然な事です。

 

さぁ、今年もあと345日しかありません。時間はどんな人にも平等に与えられた財産。有意義にいきましょう。

 

明治へタイムスリップ

去年家族で行きまくっていた場所・・・
それは「明治村」

コロナ禍の中、遠方へ旅行する機会も減ったので
代わりに行き始めた明治村に、子供がドハマリ。

「愛知県のディズニーランドや・・・」と言うほどの
熱中ぶり。

ついには年パスを購入するまでになり
「明治」熱が止まりません。


夏目漱石先生の書斎から庭を覗いた景色。


ここに座るとなんかいい文章が生まれてきそう(な感じがします)


コチラは帝国ホテル中央玄関内部。
建築家 フランク・ロイド・ライトによるもので。
透かしの庇から日差しが入って、床に独特の模様が現れてます。

ここまで計算されているのが素晴らしい・・・。

本来ならば
ボランティアガイドさんがいて
色々とご説明いただけるのですが
このコロナ禍ということで、残念ながらガイドも制限されています。

早くガイドさんも復活してくれるとうれしい。


まだまだご紹介したい建造物が山ほどあるのですが
それはまたの機会に♥

あけおめことよろ(古臭ぁ(^-^))杉浦

今年初めてのジョージパクルーニことISの杉浦です。
今回も新聞のコラム「名字の言」からです。
——最終の最後まで目が離せなかった人も多かっただろう。新春を飾る箱根駅伝。創価大学は4回目の出場で、初の往路優勝と総合2位に輝いた▶︎ネット等で話題になったが、テレビアナウンサーの実況も心に残った。創大の最終走者がゴールする直前の時の言葉。「目標は総合3位でした。目標達成とみれば、うれしい準優勝。ただ、悔しい準優勝となったか」。そして、「『2位で悔しい』と思えるチームになった!」と▶︎創大走者が口々に語っていた言葉がある。「タイムが走るのではない。人が走るんだ」との榎木監督の言葉だ。上位10人の1万メートルの平均タイムは、出場した全21チーム中、創大は13番目。しかし、厳しい練習を重ねた自分たちの力を信じ、力を出し切ったからこそ、今回のドラマは生まれた▶︎言葉には温度がある。自分のことを思っている言葉を聞けば、心は温かくなる。他者を顧みない自己中心的な言葉を聞けば、心は冷たくなる。言葉の温度が言葉の力であり、温度は言葉を発する人の「相手を思う気持ち」の強さで決まる▶︎限界の壁を突破した全走者が勝利者とたたえらる箱根駅伝。若人に勇気をもらった新しい一年、私たちも「今年こそは!」との決意で、「未来までの・ものがたり」(御書1086頁)をつづりたい。(川)——
 言葉の温度。仕事の上でも、人生でも大切なことだと思いますよねぇ。

DQウォーク 高知

 

お正月休みは、いつもは、主人の実家で過ごすのですが、今年はコロナ自粛で帰省が出来ず、結婚以来初めて自宅で年越しをしました。
来年はコロナも落ち着いて親戚一同で集まって年越し出来たらいいなぁ。

さて、新年早々ドラクエウォークにハマってしまいました
ウォーキング大好きな主婦にはもってこいのゲームです。
夫と次女も一緒にやっていて、パーティを組んで討伐に出かけたりします。

 

 

 

 

 

↑夫と一緒に戦っているところ(次女は忙しそうだったので参加していません😅)

歩数によってスライムが成長していくミニゲーム(?)もあります。
飼い猫の名前をつけてたくさんかわいがってます🥰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑次女の上に乗る猫

かわいいですね!

明けましておめでとうございます   三輪寛行

皆さん明けましておめでとうございます❗
良いお正月でしょうか?
昨年は当たり前のことを行うことが難しい年でした。
今年は、当たり前のことを当たり前にできるありがたさに感謝し、大きなモノを求めるのではなく、小さな男とならないよう行きたいと思います❗