「バレル」とは?【SS用語辞典】

SS用語辞典
出典:goo辞書(https://dictionary.goo.ne.jp/)
おおわき
おおわき
今日はちょっぴり算数と経済のお話!

バレルとは、原油・石油製品で使われている体積の単位
1バレル=42ガロン=158.9873リットル(通常は159リットル換算)です。
19世紀、石油は木製の樽に入れて運ばれていたことから、バレルという単位が使わるようになりました。
※木樽の容量は50ガロンだったのですが、輸送中の目減りや揮発を考慮して42ガロン入れるようになったと言われています。

ちなみに、バレルという単位は石油以外でも使われますが、製品によって何リットルか変わります。

バレルは原油・石油製品での国際取引で使われ、ドル建で決済されます。
このことから、ガソリン価格も為替レートの影響が強く反映されるのです。

例)原油が1バレル50ドルで為替が1ドル100円の場合
1バレル 50ドル×100円/ドル=5000円

原油価格が上昇して1バレル60ドルになった場合
60ドル×100円/ドル=6000円

※世界中で原油価格が上昇したことになる

為替レートが1ドル100円から120円になった場合
50ドル×120円/ドル=6000円

※円安により日本の原油価格だけ上昇したことになる

国際的な取引をされるため、このように原油価格と為替レート、2つの視点で変動を見なくてはいけないというわけですね。

ちなみに、原油価格から更に、卸価格、小売価格、周辺市場価格が絡んでガソリン価格は決まります
更にガソリン税や消費税が加わるため、原油価格かガクッと下落してもガソリン価格の体感はそこまで下がっていなかったりも……。

今日の用語解説「「バレル」とは?【SS用語辞典】」は...


おーわき
おーわき
それはそれでガクッ……。