コーヒー店には何を求める?【ひつまぶしんぶん】

ひつまぶしんぶん

ヨコイ
ヨコイ
ママ友とコーヒー飲みに行きたいなぁ〜
(ん?なんか分析みたいなことが出来そうだぞ・・・)
すぎた
すぎた

はい、おなじみWikipediaでの説明はコチラ。

セグメンテーション(segmentation、セグメント化)

市場における顧客のニーズごとにグループ化する、市場をセグメントする。
様々な角度から市場調査し、ユーザ層、購買層といった形であぶり出し、明確化していく。
簡単に言うと切り口という意味。

わぁ、どんどん堅苦しい言葉が出てきて難易度が上がってる!?
なんてことはないのでご安心を!

いろいろなセグメンテーションの仕方がありますが、
今回はコーヒー店を例に考えてみました!

みなさんはどんなときにコーヒー店に行きますか?

  • 仕事場として使うため?
  • 本を読んだり音楽を聴いたり、自分の時間に使うため?
  • 本格的なコーヒーを飲みたいから?

こうやって「コーヒー店」なにを求めているか
(ニーズ:説明は後ほど)を細かく細かくしてしまうのです。

ほかにも、東京のコンビニで買うおでん
大阪のコンビニで買うおでん味が違うんです。
これはまさしく”地域”を使ったセグメンテーションなんですよ!
地域によって好まれる味が違いますからね。

行きつけのお店や、今住んでいる地域が、
どんなセグメンテーションされているか考えてみるのも楽しそうですね♪