【012】記憶に残りにくいものを”カタチ”にして渡す俺パン

俺パン物語

俺の魅力がたっぷり詰まった俺をセールスする最強の販促ツール『俺のパンフレット』。

この【俺パン物語】では、心温まるサービスで「お客様の期待に期待以上で応える!」をモットーに営業されている福井県のSS「丸福産業株式会社」様で、実際に俺のパンフレットをご利用いただき、そこから生まれた事例を紹介していきます。

担当したスタッフさん

前回同様、「しゃべりすぎるのであらかじめごめんなさい!」でお馴染み、おしゃべり大好き原田慶一さん!

お客様の状況

  • 40代女性
  • 新規ご来店
  • 洗車にお悩み

渡した背景と当日のリアクション

私はしゃべりすぎます。予めごめんなさい!をモットーに接客しているので、お客様とも積極的にコミュニケーションを取りに行くんです。
今回のお客様も、洗車拭き上げ場にいらっしゃったお客様でした。

「知人からここの洗車機をすすめられてきたけど、よくわからなかった」

ズバリ!洗車機の弱点をご指摘いただきました!

「洗車コースの違いが分からない」
「いつもお任せなので、どこがキレイに仕上がってるかよく分からない」

というのが、お客様のお悩み。

そうなんです、洗車機ってコースがたくさんあって分かりづらいんですよね。

だけど、お客様の”不満”や”わからない”は私たちセールスマンにとってはチャンス。

洗車のフルサービスをご説明し、拭き上げまでのコースをご提案。
そして価格をお伝えする場面で・・・

俺パン!

バーーーン!!!

コースを説明するのに、全部口頭でお伝えしてもなかなか記憶には残りません。
そんな時こそ、俺パンだ!と思い、俺パンを使って洗車のコースと価格をご説明しました。

そして最後に、「俺パンは個人専用のパンフレットです。」とお渡しすると、

「なにこれw」

出ました。

「なにこれw」

私も初めて俺パンを見たときは、正直同じ気持ちでした。

後日の展開と具体的な成果

なにこれwから始まった俺パン。
それでも話は盛り上がり、

「なんのためのパンフレット?」
「コストはいくら?」

などなど質問攻めにあいました。
中でも、

「全員分集めると特典があるの?」

の質問にはビックリ!
お客様目線だと、そういう考え方もあるんだなぁ…と気づかされました。
会話のいたるところにヒントが隠れているから、お客様とのおしゃべりは楽しいんですよね。

最後は私自身洗車好きということをアピールし、細部の仕上げに自信があると猛烈アピール!

すると、
「次回の洗車は必ず、原田さんにお願いするわ。」
「初対面でここまで喋れたのは初めてかも」

と言っていただけました!

俺パンの成約貢献度

65%!

今回は原田さんが、洗車が好き・洗車に自信があるとアピールしたことが、次回ご指名のお約束につながったのではないでしょうか。
洗車のコースや金額はなかなか記憶に残りづらいものなので、俺パンという”カタチ”でお渡しできると、コース選びの材料になります。

まとめ

人の記憶力には限界があります。
「帰って検討します」と言って、その後ご成約につながらなかったこと、ありませんか?
それはお客様の記憶に残っていない可能性が高いと思います。
そしてSS業界にとって「俺パン」がお客様に”カタチ”としてお渡しできるサポートツール。
俺パンは、これからもスタッフの方と、二人三脚で歩んでいきますよ。

「俺のパンフレット」に関するお問い合わせはこちらまで!
SUGKIKネット:お問い合わせ